純粋な純水?ピュアウォーターってどんなもの?


水にはいくつか種類があり、その中にはピュアウォーターと呼ばれる純粋な純水が存在します。名前だけで水の一種であることはわかると思いますが、ピュアウォーターとは一体どのようなものでしょうか?ここでは、ピュアウォーターの特徴やミネラルウォーターとの違い、飲むメリットを説明します。

ピュアウォーターとは?

ピュアウォーターは「純水」とも呼ばれており、カルシウムなどのミネラル分や不純物を含まない水のことです。浄化フィルターやろ過装置で処理されている水で、天然水とは成分が大幅異なります。天然水や水道水を浄化して生成するのですが、水に含まれる不純物を99%除去できるROシステム(逆浸透膜ろ過)と呼ばれるものを利用することが多いため、「RO水」とも呼ばれます。この水には不純物やミネラル成分が一切含まれていないため、赤ちゃんのミルク調乳にすすめられることが多いです。

ROシステム

もともと、海水の淡水化を目的に開発されたものです。水は通し、イオン物質などは通さない性質があります。このシステムは飲用水意外だと、完璧な純水を利用する医療現場などで使われています。ROシステムのフィルター孔のサイズはおよそ0.0001で、ヨウ素やセシウムなどの放射性物質よりも小さいため通すことがないので、限りなく安全な水と言えます。

ピュアウォーターができる過程

  1. 天然水や水道水などの水を原水として取水します。
  2. 1,000分の1(1ミクロン)の不純物を除去する活性炭フィルターにかけらます。
  3. 軟水装置を使って、マグネシウムなどの鉱物イオンを取り除きます。
  4. 1,000万分の1(0001ミクロン)のフィルターを用いて、圧力をかけ、顕微鏡を使っても見えない小さく孔の空いた膜を通して、有害物質を徹底除去します。

ミネラルウォーターとの違い

ミネラルウォーターとは、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分を含んだものを指します。一方、ピュアウォーターはミネラル分を含んでいません。よって、これらの違いはミネラル分を含むか、含まないかということになります。

ピュアウォーターのメリット

浸透力が高い

ミネラルを含んだ水は水分吸収を妨げます。ミネラル成分の無いピュアウォーターは体への浸透力が高いため、すぐに水分補給したい時に向いていきます。特に、運動時や入浴時に浸透力が求められるため、そのようなシーンでピュアウォーターを活用できるでしょう。

赤ちゃんの調乳に

ミネラルを含んだ水でミルクを作る人がいますが、消化機能が発達していない赤ちゃんにとって、必要以上のミネラルは毒になることがあります。粉ミルクには計算してミネラルを入れているため、過剰摂取とならないためにもミネラル分を含まないピュアウォーターがおすすめです。

ふっくらしたご飯に

お米は硬水で炊くとパサパサになってしまいますが、ミネラル分の少ない水との相性が良いため、ピュアウォーターで炊飯すると、ふっくらとツヤのあるご飯にしてくれます。さらに、お米の持つ甘みや粘り気も引き出します。

安心して飲める

前述の通り、ピュアウォーターはミネラル分や不純物を含んでいません。アレルギー体質の人とってミネラルなどの物質は、症状を悪化させる危険性があります。そのため、ピュアウォーターはアレルギー体質の人にもおすすめです。体質改善が見込めるので、毎日の習慣に飲むことでアレルギー体質の改善が期待できます。
また、ミネラル分は薬に含まれる成分と結合しやすいことが確認されており、これが原因で有効成分が体内に取り込まれず、薬の効果が発揮できない恐れがあります。そのため、薬を飲む時にピュアウォーターを利用すると安心です。

まとめ

カルシウムやマグネシウムなどのミネラル、不純物を含まない水がピュアウォーターです。ミネラルなどが除去されているので無味無臭で、おいしいかどうかは飲む人によります。興味のある方はピュアウォーターを試しに飲んでみてください。

The following two tabs change content below.
水雑学編集部

水雑学編集部

洗濯や入浴はもちろんのこと、人が生きてい行く上で必ず必要になる水のことをもっと知ってみませんか?